AGAスキンクリニック オリジナルプラン ベーシックプラン

ベーシックプランの内容と価格

ベージックプランでは、国内承認薬を使用します。処方薬は「プロペシア」、「ザガーロ」、「フィナステリド錠ファイザー」の3種類があります。

 

プロペシアは世界60カ国以上で使用されていて、日本でも厚生労働省の方から許可を受けている国内承認薬です。活性酸素の働きを抑制し、薄毛・脱毛の原因を改善してくれる作用があります。価格は初回4200円、二回目以降7000円となります。

ザガーロはプロペシアと同じく厚生労働省から許可されている処方薬です。働きはプロペシア同様、活性酸素の働きを抑え、薄毛・脱毛の原因改善する作用があります。価格は初回4800円、二回目以降8200円となります。

フィナステリド錠ファイザーは、ジェネリック医薬品で値段を抑えて薄毛を改善させたい方にオススメです。働きは他の2種類と同じように、活性酸素を抑え、薄毛・脱毛の原因改善する作用があります。価格は初回4200円、二回目以降6000円です。

 

<ワンポイントアドバイス>
プロペシアとザガーロのどちらを選べばよいのか迷ってしまう方もいるかと思います。そこで「選ぶときの基準」を伝授します。
男性型脱毛症には、還元酵素の5αリダクターゼが大きく影響しているのですが、5αリダクターゼにはT型とU型があるんですね。

 

プロペシアはU型にしか効果はないのですが、ザガーロはT型とU型の両方に作用します。

 

天頂部の薄毛はU型の影響が大きいのですが、生え際の後退なのでM字ハゲの場合にはT型の影響が大きいのです。そこで生え際が後退してきた方は、ザガーロを選ぶようにしましょうね。

 

ベーシックプランではプロペシアを初めとする基本的な薬を使用しています。そういった観点から見るとベーシックプランは「育毛剤が効かなかった」という方にはオススメです。また価格を抑えたい方もベーシックプランから始めるのが良いでしょう。

オリジナルプランの内容と費用

オリジナルプランは、AGAスキンクリニック独自の処方薬のリバース(rebirth)を使用した薬物療法です。リバース(rebirth)には内服薬と外用薬があり、薄毛・脱毛の原因改善する働きに加え、髪の毛の成長を早める働きがあります。配合されている成分ミノキシジルが、血管を拡張させて血流促進を促します。

 

そのことによって髪に十分な栄養が行き届くようになるのです。発毛実感度99.4%と高い数値を記録するAGAスキンクリニック独自の治療薬なので、期待できそうですね。費用は内服薬の場合1ヶ月当たり14000円〜21000円、外用薬の場合1ヶ月当たり14000円となっています。

 

オリジナルプランは、「髪の毛を生やしたい」と強く思っている方にお薦めです。抜け毛予防ではなく、発毛を目指す方はオリジナルプランを選びましょうね。

その他のプラン

その他のプランには「育毛メソセラピーのDr’sメソ」、「AGA幹細胞再生治療」などがあります。育毛メソセラピーは「早く髪の毛を生やしたい」方や、「部分的に治療したい」という方に選ばれています。不足している発毛成長因子を補完して、成長シグナルを正常に戻す働きがあります。

 

値段は2ccで50000円、4ccで70000円となります。AGA幹細胞再生治療は世界中から注目を浴びているAGA治療法のひとつです。効果は発毛促進、毛髪周期の活性化、成長保持、抗酸化作用、毛母細胞の修復などがあります。値段は2ccで60000円、4ccで80000円となります。

ベーシックプランもオリジナルプランも内服薬と外用薬を使用することに変わりありません。オリジナルプランの方がベーシックプランよりも効果が高いとされていますが、もっと短期間で発毛を期待したいならメソセラピーの「Dr’sメソ」を併用することをお薦めします。

 

注射を使用して頭皮より毛根まで薬を注入することで高い効果を期待することができます。オリジナルプランを選択した方は検討する価値は高いと思います。

 

デメリットは価格が高いことです。しかしながら「その都度払い」もできますし、「医療ローン」を組むこともできます。6回コースと12回コースがありますが、1〜2回で効果が出てきたら違約金なしで解約することでできるので安心です。

 

 

AGAスキンクリニック|効果のあるプランを紹介

AGAスキンクリニックの無料カウンセリング